半夏厚朴湯の効果と副作用

半夏厚朴湯(はんげ こうぼくとう)の効果と副作用を解説

半夏厚朴湯(はんげ こうぼくとう)の効果と副作用を解説

 

漢方薬の中には、メンタリティに掛かるものも存在します。心穏やかに効き、副作用を抑えた漢方薬ということは病気の人側より注目を集めるというのも多数あり、精神科科目の場合でも盛んに使われます。

 

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、不安症状に関して活用できることの少なくない漢方薬なんです。不安障害(神経症)あるいは心身症に限らず、うつ病や睡眠障害においてもサポート的に活用することが出来ることだってあります。

 

半夏厚朴湯においてはいかような成果が出るのか、どういう属性の人強みを持ったお薬であるのかということお知らせしていこうと思います。

 

漢方薬というのは、多種多様な生薬(しょうやく)を調合することで構築してあります。

 

半夏厚朴湯も5つの生薬が混ぜられていて、その内訳というものは

 

半夏(はんげ)3.0g

 

鎮吐作用、去痰作用

 

 

茯苓(ぶくりょう)2.5g

 

利尿作用、鎮静作用

 

 

厚朴(こうぼく)1.5g

 

収斂作用、利尿作用、去痰作用、筋弛緩作用

 

 

蘇葉(そよう)1.0g

 

精神安定

 

 

生姜(しょうきょう)0.5g

 

発汗作用、健胃作用、鎮吐作用

 

鎮静作用、精神安定作用、筋弛緩作用などを通じて穏やかにし気分をリラックスさせ、ここの所が神経症や不眠症に有用性を生じさせます。この他には鎮吐作用、去痰作用、健胃作用が存在するからこそ、咳や胃炎、つわりなどに対しても用いられるケースがあります。

 

上記二つの作用によって、何よりも「喉に何かしらが詰まった的な感覚になる」と思っている神経症状に効く漢方薬ではないでしょうか。
漢方は、サプリメントと違い効果効能を正式に表示することを認められた医薬品にも利用されています。
たとえば、不妊に関するものだけでなくダイエットについては、肥満症という病気が存在します。
肥満症に働きかけるのが防風通聖散と言うものがあります。
防風通聖散を利用した商品で有名なものを使った体験談も公開しています。
ダイエットサプリじゃナイ!防風通聖散の効果と口コミ